SMART STYLE -BustUp-

美容とバストアップに役立つ情報盛りだくさん

カテゴリー: バストアップ情報

バストアップに役立つ栄養

バストアップは女性を美しく魅せる方法の一つで、その点が思い立つ大きな理由であると言えます。
身体は元々持って生まれた物で簡単に変化させられる物ではありません。それゆえに努力と手法によって美しいバストを作り出す方法は古来より現在に至るまで、様々なアプローチから発展を遂げています。
それでは具体的にバストアップにまつわる方法とはどう言ったものなのか、ピックアップして解説していきます。
まずは食事からバストの成長に繋がる方法についてです。そもそもバストの成長は乳腺の発達が大きな要因となっており、乳腺の発達によって乳腺を保護する脂肪量が増え、その事がバストの成長に繋がります。
つまり乳腺の発達を促す食事や食材を採る事が、食事からバストの成長を促進する方法であると言えます。
その一つ目は乳製品です。良質なたんぱく質が多く含まれており、美肌効果もあるため表面のハリにも効果が期待出来ます。
二つ目は大豆食品で、こちらはイソフラボンによる女性ホルモンに似た働きが期待され、納豆や枝豆、豆乳に代表される大豆食品はバストの成長に欠かせない要素です。
三つ目はエストロゲンの分泌を高める食品です。エストロゲンとは女性ホルモンの一つで、バストの成長を助けます。
その中でもボロンと呼ばれる成分がエストロゲンの分泌を高める効果が高いとされ、ボロンは胸の脂肪に変換されやすい成分としても注目されています。
ボロンが含まれる食材にはアーモンドやピーナッツ等のナッツ類や、昆布やひじき、ワカメと言った海藻類、リンゴやブドウ、梨等の果物の他、ハチミツやキャベツにも含まれています。
またボロンは熱に弱いとされるため、これらの食材を出来るだけ生で食べる事が効果的です。
続いてのバストアップの方法としては生活環境の改善です。
例えばバストの血行や血流を阻害する原因の一つとして、身体の冷えが挙げられます。
身体が冷えていると血行やリンパが滞り、脳がストレスを感じるようになります。
その事が女性ホルモンの分泌をも阻害し、前述の食事によるバストの成長にも影響します。
また、睡眠時間の不足も同様にストレスの原因となるため、注意が必要です。
以上により、生活改善の主な留意点はまず体温を保つこと、次にストレスを溜めにくい生活を心掛ける事です。
具体的には体温は36度以上を保ち、十分な睡眠時間を取る事、その他の生活環境によるストレスの排除が女性ホルモンの分泌を促進し、バストアップに繋がる方法と言えます。

自分をより魅せる

多くの女性がバストアップをしたいと考えるのは、男性の好みに合わせたいためです。
見た目が良い異性に興味を持つというのは男女共に同じですが、特に男性は胸の大きさにこだわりを持つ傾向にあります。
男性向け雑誌の表紙がスタイルの良いグラビアアイドルで飾られているのは珍しくありません。
思春期になって女性は胸が膨らみ始めますが、ほとんどの男性がそれを見て女性らしさを実感しています。
男性と女性で明らかな見た目の違いが出ているのが胸の膨らみです。
自分が持っていないものを持つ女性に自然と引き寄せられるので、胸が小さくて男性の胸板と似ている女性よりもふくよかな胸元の女性を好きだと感じます。
また胸が大きいということは授乳ができることを意味しているので、本能的に子孫を残したい男性は母乳が出ると一目で判断できる胸の大きな女性を選びやすいです。
恋人がいない女性はモテない原因を胸が小さいことだと考えて、男性ウケの良いスタイルになりたいとバストアップを始めます。
恋人がいる女性であっても彼氏が本当は胸の大きな女性が好みなのではないかと気を遣って、理想の女性になろうと考えます。
全ての男性は胸の大きさで恋人や配偶者を決めているわけではありませんが、胸が小さいよりは大きい方がモテやすいので自分磨きのために実践している女性が多いです。
また男性の目とは関係なく、自分が女性らしい体を得るためにバストアップを行う女性もいます。
胸元が広く開いた洋服は豊かな胸を持っていないと着こなすことができません。
胸が小さいことで着られない洋服がある人は多いです。
特に水着は胸の大きな人の方がかっこよく着こなすことができます。
おしゃれを楽しみたい人は、体のバランスを取るために胸を大きくすることを望みます。
胸が小さいとウエストや肩幅、脚など体全体が細くなければくびれのない寸胴に見えることも多いです。
胸が大きいとウエストが少したるんでいても、上半身のボリュームがあるため太って見えません。
胸の大きな状態でダイエットしてウエストを細くすれば、くびれが目立ってメリハリボディになります。
女性がスタイルを良くしたいと考えるきっかけは必ずしも男性にモテたいからではありません。
スタイルの良い自分の姿を鏡で見て、気分を盛り上げる人もいます。
周りの女性より胸が大きいことで自信を持てるようになり、毎日を堂々と生きていけると期待してバストアップに挑戦しています。

バストに自信がない人

自分のバストに自信が無く、周りの人を見ても一番小さくて悩んでいる人が多く、バストを大きくしたいと思う事があります。
ある程度バスがあるにも関わらず、自分より大きい人を見てしまうと大きくなりたいと思ってしまうのです。
一人の人間として、他の人に負けたくないと言う気持ちの人がほとんどで、実際には普通のバストサイズがあるのです。
男性から見た場合でも、小さいなんてまったく思ていなくても、自分的には小さいからと欲張ってしまうのです。
体のサイズとに比べてピッタリの大きさでは、物足りなく、体を見られてまずバストに目が行くようにしたいという事になるのです。
バストが実際にあまり大きくなくても、他人から大きいと褒められた人はバストアップをしようとも思わないのです。
大きくても褒めてくれる人が居ない人に、バストアップを希望する人が多いのです。
バストが大きいと生活に困る事もたくさんありますが、それでも大きくなりたい願望が大きく、人工的処置をしてまで大きくしてしまうのです。
バストの役割は、実際には、自分の為にでは無く、男性や、子供の為なので、わざわざ大きくする必要が無いのが普通なのです。
バストアップを思い立った理由の多くは、他人から見た自分のイメージや印象を良くする為と言う物が多いです。
これは他人の為に豊胸手術を行うというものと同じ事になります。

大きければ綺麗になれると思い込んでいる人が多く、実際に大きくしてから後悔する事も多い人なのです。
単にバストが小さくペタンコだからと言う人は、体に対するコンプレックスの為に行う事なので、良いとされます。
異性にもてたいからと言う理由も良いとされますが、ニセモノのバストがばれた場合の事も考えてから実行に移す事が大切なのです。
男性からバストを触られる時に、ニセモノとばれてしまう可能性が高くなり、柔らかさも自然の物との違いがはっきり解ってしまいます。
また横になった時には、バストが潰れる状態にならないので、寝た時に晴れてしまう事が多いのです。
また強く揉まれてしまうと、爆発の危険性があるので、夜を楽しむ時に毎回注意が必要になってしまうのです。
このように色々な障害が出てくるのですが、それでも乗り越えられると思った時には、バストアップを実行するようにした方が安全になります。
バストアップを思い立った理由のほとんどは、自分自身の為にでは無く、他人の為に行うと言っても過言では無いのです。

胸の悩み

女性の身体の悩みで多いのがバストについてです。
大きさだけでなく、形やハリ、色に至るまで、悩みの理由は人それぞれです。
特に思春期頃に膨らみ始めると、恥ずかしさを感じたり、ナイーブになる年頃ではないでしょうか。
また、オシャレをするようになってくると、洋服をかっこよく着こなす為にもバストの大きさが気になるところです。
やはり大きなバストであれば、それなりにかっこよく着こなせる服も数多くあります。
胸元が強調されている服や胸元が大胆に空いている服などです。
ブラジャーを利用することにより、大きさを変えたり、形を整えることによって、調整することは出来ます。
大きければ良い、ということばかりでもないのも事実です。
大きさが強調されてしまって、シンプルな服や、ワンピースなどを着た時に、やたらと太って見えてしまったり、そんなつもりはなくても、無駄に強調しているように見られたりと、大きいなりの悩みがあります。
しかし、水着姿などになってくると、どうしてもバストの大きさが分かりやすくなってしまい、自身のコンプレックスに悩みを抱える方もいらっしゃいます。
バストの悩みを抱えるのは、やはり見た目の問題が大きいでしょう。
バストアップをしようと、食事やサプリメントに頼る方もいらっしゃいますが、豊胸手術といった方法もあります。
また、若い頃にはハリがあったバストが年齢と共に筋力が衰えてしまい、小さくなったと感じるようになった方も、バストアップをしようと決意を固めることがあります。
筋力アップのエクササイズを行ってみたり、補正下着を着用してみるなどの努力をすることになります。
実際に、バストアップをする為の努力によって改善されていくこともあります。
自分の納得のいくとろこまで、努力をしてみるのも良いのではないでしょうか。
改善されたことによって、自分自身に自身が持てるようになったり、普段着ることがなかった胸元が開いた洋服を着ることによって、外出する機会が増えて、明るい性格になることもあります。
見た目のコンプレックスを解消させることによって、性格あ良い方向になる傾向があります。
自身のコンプレックスを解消しようとする決意をし、その努力によってより良い方向に進んでいくことが、楽しい毎日にも繋がります。
女性は何歳なっても綺麗でいたいと願うものです。
いつまでも、見た目だけでなく、内側も輝きつづけていられるように、努力をすることは自身に磨きをかえることになります。

男女それぞれにとってのバストの魅力

女性にとって胸の大きさや形というのは、1つの性的なステータスとして捉えられるので、それに関する悩みを持っている人は多いです。
一番多い悩みといえば、胸が小さいことに対するコンプレックスであり、しかもバストアップはなかなか難しいことなので、これは今も昔も、そして今後も永遠のテーマになるでしょう。反対に、大きすぎて悩む人もいます。
これは先程の小さい人からしたら贅沢な悩みだと感じられることがありますが、実は胸を大きくすることよりも、小さくすることの方が難しく、たとえばダイエットで胸の脂肪も落とそうとすると、萎んだ風船みたいに歪な形になりやすくなります。
他にも、サイズではなく形や胸の乳房の位置など、バストに関する悩みは尽きることがありません。では、たとえば胸が小さくて悩んでいる人にとって、本当にバストアップは必要なのでしょうか。

この問題は男性と女性どちらの視点から考えていくかによって意見が異なることが多いです。
また、同じ性別からの視点からでも、また意見が異なります。
まず、女性側の視点から見ていくと、やはり自分自身に関わる話なので気にする人の割合が多いです。
事実、巷には様々なバストアップの方法で溢れかえっていることが何よりの証明になるでしょう。
また、前は気にしてなかったけど、好きな人や恋人が巨乳好きだから、もっと胸を大きくしたいと思う人もいます。
ただ、胸を大きくしたところで、確かに満足感は非常に得られますが、それは一時的だと考えた方が良いでしょう。胸が小さいから愛せないという相手などは、こっちからお断りという心構えを持っていると、少しは余裕が持てるのではないでしょう。

次に、男性側からの視点です。やはり自分にないものであり、また幼い頃母乳で育ってきた名残なのか、大きい胸が大好きな生き物と言えます。
胸が大きい人と対面すると、すごい確率で胸を見ますし、そういう人とお付き合いしたい、そういう下心的も含む気持ちを抱きます。
ただ、強調して言いたいのは、付き合ってしばらくたつと、胸に関する興味や関心は薄れてきます。それは二つの理由があり、一つはただ単純に飽きが来たこと、もう一つは本当に好きなのは胸じゃなく人柄などの別のことと感じたときです。公社でなく前者の場合は、悲しいことに胸への執着心が薄れたわけではなく、他人の胸には興味や関心を抱きやすくなります。

以上から言えることは、確かに胸は大きいに越したことはないので、バストアップに憧れるのは至極当然のことですが、それを気にしない異性に出会う方が、よほど幸せになる確率は高いということです。したがって、バストアップは必ずしも必要ではありません。