SMART STYLE -BustUp-

美容とバストアップに役立つ情報盛りだくさん

男女それぞれにとってのバストの魅力

女性にとって胸の大きさや形というのは、1つの性的なステータスとして捉えられるので、それに関する悩みを持っている人は多いです。
一番多い悩みといえば、胸が小さいことに対するコンプレックスであり、しかもバストアップはなかなか難しいことなので、これは今も昔も、そして今後も永遠のテーマになるでしょう。反対に、大きすぎて悩む人もいます。
これは先程の小さい人からしたら贅沢な悩みだと感じられることがありますが、実は胸を大きくすることよりも、小さくすることの方が難しく、たとえばダイエットで胸の脂肪も落とそうとすると、萎んだ風船みたいに歪な形になりやすくなります。
他にも、サイズではなく形や胸の乳房の位置など、バストに関する悩みは尽きることがありません。では、たとえば胸が小さくて悩んでいる人にとって、本当にバストアップは必要なのでしょうか。

この問題は男性と女性どちらの視点から考えていくかによって意見が異なることが多いです。
また、同じ性別からの視点からでも、また意見が異なります。
まず、女性側の視点から見ていくと、やはり自分自身に関わる話なので気にする人の割合が多いです。
事実、巷には様々なバストアップの方法で溢れかえっていることが何よりの証明になるでしょう。
また、前は気にしてなかったけど、好きな人や恋人が巨乳好きだから、もっと胸を大きくしたいと思う人もいます。
ただ、胸を大きくしたところで、確かに満足感は非常に得られますが、それは一時的だと考えた方が良いでしょう。胸が小さいから愛せないという相手などは、こっちからお断りという心構えを持っていると、少しは余裕が持てるのではないでしょう。

次に、男性側からの視点です。やはり自分にないものであり、また幼い頃母乳で育ってきた名残なのか、大きい胸が大好きな生き物と言えます。
胸が大きい人と対面すると、すごい確率で胸を見ますし、そういう人とお付き合いしたい、そういう下心的も含む気持ちを抱きます。
ただ、強調して言いたいのは、付き合ってしばらくたつと、胸に関する興味や関心は薄れてきます。それは二つの理由があり、一つはただ単純に飽きが来たこと、もう一つは本当に好きなのは胸じゃなく人柄などの別のことと感じたときです。公社でなく前者の場合は、悲しいことに胸への執着心が薄れたわけではなく、他人の胸には興味や関心を抱きやすくなります。

以上から言えることは、確かに胸は大きいに越したことはないので、バストアップに憧れるのは至極当然のことですが、それを気にしない異性に出会う方が、よほど幸せになる確率は高いということです。したがって、バストアップは必ずしも必要ではありません。

Next

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です